墓地を探す際には遺された家族のことも考えることが大切

墓掃除中の人

墓地の選び方は本人と子や子孫と専門の業者すべての意見を聞こう

お墓のデザインについては、気に留める人は多いが、お墓を立てる場所、つまり、墓地についてはあまり考えていない人が多いのではないでしょうか。

一口に墓地といっても、公営の墓地、寺院の管理する墓地、民営の墓地、地域の人々が管理する墓地など様々なものがあります。

これらの中から、墓地を選ぶわけですが、その選ぶ基準はお墓に入る人の考えを重視するか、お墓を管理する人、つまりは子孫や親類のことを考えるかで決まるのでないでしょうか。墓地に埋葬する人を基準にすると、墓地の立地、墓石のデザイン、それらを含めた購入費用など墓自体のことを考えることになりますが、管理する人のことを考えると墓地の駐車場や交通機関以外に、墓地の状態や周囲の環境、管理費用など墓地を管理する体制が整っているかが重要ではないでしょうか。

もちろん、墓地を購入する本人の意思を尊重することが第一ですが、その墓地を後に管理を任せる子や子孫のためにも、墓地の管理やお墓参りの負担が少ないようにすることが必要だと思われます。

よって、お互いに、納得のいく墓地を選ぶためにも、先ずは公営、寺院、民間、地域の墓などの中から、ふさわしいと思われる墓地をみなさんで選定したうえで、お墓や墓地を専門とする専門業者に相談し、意見を聞いたうえで、納得のいく墓地を選びましょう。

TOP